全国トップ >> 幕張会場・イベント内容

幕張会場・イベント内容

ゴールデンウィーク後半の5月3日(木・祝)~6日(日)までの4日間、千葉の幕張メッセ11ホールで開催致しました『Pet博2018 in 幕張』(主催・Pet博実行委員会)は、総来場者数38,585人(主催者発表)を集め、成功裡に終了しました。Pet博は、“ペットは家族”をコンセプトに、ペットを飼われている人だけでなく、すべての動物好きの人を対象とした参加・体験型イベントとして、回を重ね、首都圏では今回で33回目となりました。

連日、開場15分前頃から行列ができ、毎回来られているリピーター(ペット連れやそうでない方も含めて)の方が多く見受けられました。ペット同伴での入場に関しては、全体の約8割以上が自慢のペットを連れて入場していました。圧倒的にワンちゃんが多かったですが、最近はネコちゃん同伴も増えてきました(ミーアキャットやオウムなども見かけました)。

会場内では、ペットグッズを熱心に探したり、飼い主さん同士で和やかに交流を楽しんでいました。特に、大型犬は人気の的で、子供が恐る恐る触ったり、ワンちゃんを飼われていない人が写真を撮ったりしていました。ステージイベントでは、「ペットファッションショー」に、毎日6組~8組が参加(ワンちゃんのほか、ネコちゃんも参加)し、自慢のペットと飼い主さんがペアの衣装で個々に趣向を凝らして登場、特技などを披露して個性をアピールしておりました。

毎回、Pet博賞、ゲスト審査員賞(大原がおりさん、垣内りかさん、松本秀樹さん、大久保ノブオさんが日替わり)を選びましたが、いつものことながら、審査員も各賞の選考にはかなり苦労しておりました。
このほか、鳥のサーカスをはじめ、トークショー、災害救助犬や介助犬・聴導犬の実演などを熱心に観覧したり、大原がおりさんとのジャンケン大会で一喜一憂したり、それぞれ楽しんでおりました。また、松本秀樹さんのトークショーでは、4日からの3日間、ポカスカジャンのリーダーで、ワハハ本舗座長の大久保ノブオさんがゲスト出演し、松本さんとの犬トークのほか、歌「老犬」も披露してくれました。運動広場では、松本秀樹さんプロデュースの「呼び戻し選手権」が行われ、参加の飼い主さんが離れて待っているワンちゃんを大声を出しながら身振り手振りで呼び戻すゲームで、一番早く飼い主さんのところに戻ってお座りしたワンちゃんと飼い主さんが表彰されていました。

また、恒例となったワンちゃんと一緒に参加する「ワンちゃん大運動会」や「愛犬同伴しつけ教室」も大賑わいで、「ワンちゃん大運動会」は、毎回、約10~20組の参加者が集まり、参加者は、だるまさんがころんだやボール運び、チーム対抗リレーなどいろいろな競技に興じ、ワンちゃんよりも飼い主の方が熱中していました。また、「愛犬同伴しつけ教室」も、毎回、約10~25組が参加し、ワンちゃんと一緒に熱心に、すわれや伏せ、待てなどの初歩的なしつけを学んでおりました。

5/3・4に開催しました「キャットショー」には2日間で計80頭が出陳し、スタンダード(基準)に基づく審査によりポイントを獲得し、チャンピオンなどを決定していくコンテストを行い、猫好きの来場者が熱心に観覧していました。5/5・6の「救助犬体験講習会」(協力:NPO法人 日本救助犬協会)には、13名~20名が参加し、ワンちゃんと一緒に救助犬の基本動作から捜索までの訓練体験していました。
5/5の「トリミング・コンテスト」(運営:日本動物専門学校・専門学校日本動物21)には、両校の選抜メンバー12名が参加し、自慢のトリミング技術を披露、それをゲスト審査員(垣内りかさん、大原がおりさん)を含む4名の審査員で審査を行い、最優秀技能賞、優秀技能賞、技能賞の3名を選出し、表彰しました。5/6の「ホワイトシェパード・ミーティング」には、15頭のホワイトシェパードとオーナーさんが集合、運動会やしつけなどで楽しんでおりました。セラピードッグ認定会では、事前に申し込まれた方々が参加、真剣にセラピードッグの審査を受けていました。また、「愛犬クイック美容室」では、毎日行列ができ、皆さん愛犬の爪切りやトリミングなどのお手入れをしてもらっておりました。ペットを飼われていない方は、「動物ふれあいコーナー」や「乗馬体験コーナー」、「鳥の展示コーナー」で楽しんでいました。

「動物ふれあいコーナー」では、ヒツジをはじめ、ヤギ、アルパカ、ヒヨコ、ウサギ、ミニブタモルモット、ハムスター、テグー、手品バト、アオジタトカゲ、グリーンイグアナ、ボールパイソン、ケヅメリクガメなどファームアニマルから小動物、爬虫類の様々な動物と親御さんやお子さんがふれあったり、エサを与えたり、写真を撮ったりしていました。普段体験できないポニーの乗馬体験コーナーでは、小さなお子さんを乗せて写真を撮られる親御さんも多く見られました。「鳥の展示コーナー」も人気で、展示の鳥たちをじっくり見たり、小鳥を手にのせたり、エサを与えたりして楽しんでいました。

この後、Pet博は、9月15日(土)~17日(月・祝)に大阪市のインテックス大阪、10月6日(土)~8日(月・祝)に名古屋市のポ-トメッセなごや、10月27日(土)・28日(日)に広島市の広島市中小企業会館において、同様に「Pet博2018」を開催することが決定致しております。
※会場内が混雑した場合、ペットを抱いて入場して頂く場合があります。
 人や他の犬を見て攻撃的になるワンちゃんは入場できませんので御了承下さい。また同伴されるペットには、予防接種をお願いします。
※生後91日を過ぎた犬を同伴する場合は、狂犬病注射済証明書および鑑札を必ず見える場所に付けてください。
  (ペットの登録と狂犬病の予防接種は飼育者の義務です)
※狂犬病について狂犬病は日本を含めたごく一部の国を除き、世界中で発生しています。発病したら助からない、恐ろしい人獣共通感染病で、
 毎年世界中で多くの人が亡くなっています。狂犬病予防法では、生後91日以上の飼い犬について、登録と毎年一回の狂犬病予防注射が
 義務付けられています。詳しくは管轄の保健所まで。
※長いリードは危険ですのでリードは必ず短くお持ち下さい。万が一、会場内でトラブルが起こった場合は、
 当事者同士で対応していただきます。
※催しの内容・日程及び動物の展示については、変更になる場合がございますのでご了承下さい。
※催しの内容・日程及び動物の展示内容については、動物の体調などにより変更になる場合があります。
※入場料以外に一部、参加料・エサ代などがかかるコーナーもあります。
※写真はイメージです。

(動物取扱業登録)展示/第50085号 (氏名)東原利光 (事業所名称)Pet博2018in幕張 (所在地)千葉市美浜区中瀬2丁目1番地 幕張メッセ11ホール (登録年月日)平成30年4月18日 (有効期限の末日)平成35年4月17日 (動物取扱責任者)東原利光
ペット博2018幕張会場 開催概要 イベント内容 開催結果報告 アクセス

ペット博とは

facebook

更新履歴

  • 2018/06/01
    先日終了したPet博2018幕張の開催結果報告を公開いたしました!開催当日の風景もご紹介しておりますので是非ご覧ください♪詳しくはこちら
  • 2018/03/20
    Pet博2018幕張・どなたでも楽しめる企画が盛りだくさんのイベント内容ページを公開いたしました!気になるイベントをチェックしておきましょう♪詳しくはこちら
  • 2018/01/11
    Pet博2018幕張ではただいま出展社さまを募集中です。ペットに関するものならなんでも出展OK!くわしくは出展のご案内をご覧ください。
  • 2018/01/11
    今年もやります!Pet博2018幕張開催決定!2018年5月3日(木・祝)~6日(日)幕張メッセで4日間開催いたします。GWはみんなで幕張メッセへ遊びにいこう♪
Copyright© Television Osaka Inc.All Right Reserved.